ブログ

  • 「膝を閉じる」と「内腿に力をいれる」

    皆さん、こんにちは。

    ムーヴライクフローイングのトレーナー、河原広美です。

    女性なら必ずスカートをはいているときに「膝を閉じる」事を意識すると思います。
    そして学生時代やお勤めをしていたときに「膝を閉じて座りなさい」「膝を揃えて立ちなさい」と教えられたのではないでしょうか?

    私の記憶の中にも「膝を閉じなさい」と言う言葉が残っています。

    では、「膝を閉じる」とどうなるか?

     

    足を握りこぶし1つ分ほど離して立っている状態で行うと「膝を閉じる」と「膝と股関節が少し曲がります」。

    「膝と股関節が少しでも曲がる」と「猫背」になってしまいます。

    「膝」の役目は、完全伸展と言ってしっかり伸びる事が重要です。

    「股関節」もしっかり延びてくれないと正しく動きません。

    もちろん「背中」が丸くなれば、姿勢が悪くなるだけではなく、内臓の働きにも影響が懸念されます。

     

    では、どうすれば良いのでしょうか?

    DSC_2686DSC_2687

     「出典・3D踊る肉単」

    「膝を閉じる」のではなく「内腿に力をいれる」意識をしてほしいのです。
    筋肉で言うと、「大内転筋」と「恥骨筋」に力を入れておく事をおすすめします。

    そうするとなぜか勝手に「腹筋、お尻」にも力が入ります。そして「コア」が安定し「骨盤底筋」の機能が整いやすくなります。

     

    実際に、私のセッションを受けてくださっている方に行って頂くと
    ・勝手に足裏に力がはいる。
    ・膝がピンと伸びる。
    ・反腰が改善する。
    ・背が伸びた様だ。
    ・楽に立っていられる。

    等のお声を頂戴します。

     

    一つ一つの筋肉を意識するのはとても難しい事です。

    その一つ一つを確認しながら行っていくとほとんどの方が「あっ、ここに力をいれるんやね」と気づいて下さいます。

    セッション後は「姿勢の変化」や「いつもより楽に立てる」事が実感できます。

    正しい姿勢でいられる時間が長ければ、それだけ「痛み」を作らずにすみますし、「機能低下」を防ぐことも出来るのではないでしょうか?

    是非、皆さんの健康寿命の延伸のためにも、これからの生活を楽しむためにも実行してみてください!

     

     

  • 変形性股関節症の治療について

    皆さん、こんにちは。

    ムーヴライクフローイングのトレーナー、河原広美です。

    「変形性股関節症」は、私自身とても痛く、辛い思いをし「人工股関節全置換術」を行った経験談を共有出来る疾患であるため、たびたびブログでとりあけさせて頂いておりますが、今回は「保存」のお話をさせて頂きます。

     

    DSC_2682

     このセミナーは4回シリーズで、20人の受講生に対し湯田先生はじめアシスタントの先生たちが4~5人という何とも恵まれた環境のセミナーです。

     

    変形性股関節症に限らず、関節疾患の場合はレントゲン画像だけが手術の基準になるわけではなく

    ・痛みの程度

    ・日常生活への影響

    ・将来の展望

    といったご本人の意志や気持ち、日常生活への影響等がとても重要な決め手となります。

    IMG_20180215_1253521

     以前にもブログに載せさせて頂いた私の手術前後のレントゲン画像です。

    私の手術前のレントゲン画像よりも関節損傷がすすんでおられる方でも「痛み」をあまり感じなかったり「日常生活」にご不自由がなかったりされる方もいらっしゃいます。

     そしてやはり「手術」となりますと3週間から1ヶ月の入院、術後半年程は手術跡の痛みや動作制限等、不便や我慢も必要となります。

    それと手術のタイミングやご本人の体力、ご家族のご都合、お仕事の都合等々、手術をする場合も解決しないといけないことが沢山あります。

     

    私たちがお手伝い出来る事は変形性股関節症で悩んでおられる方の「痛み」「不安」「日常生活の不便さ」等を少しでも解消させて頂く事です。

    決して治せる訳ではありません。

    「保存」を選ばれた方も、「手術」を選ばれた方も現在の症状よりも「悪化させず」「痛みを緩和させ」「日常生活の制限を減らす」お手伝いが出来ればと思っております。

    FB_IMG_1537099108849

    セミナー風景の一こまです。

    皆真剣に取り組んでいます。

    今回はアシスタントの先生とペアを組ませて頂き納得いくまで実技練習をさせて頂くことができました。 

    股関節疾患で悩んでおられる方、是非一度私のセッションを受けてみてください。ご相談お待ち致しております。

     

  • 普通救命講習に参加してきました❗

    皆さん、こんにちは。

    ムーヴライクフローイングのトレーナー、河原広美です。

     

    9月15日に堺市消防局で「普通救命講習」に参加して参りました。

     

    DSC_2672

    普通救命とは、倒れている人を発見した時に私たち一般市民が行う救命措置です。

    通常救急車が到着するのに9分かかるといわれています。しかし脳に酸素が届かなくなって3~4分で脳死状態になるといわれています。

    と言うことは、発見した時から一刻も早い救命措置が必要なのです。

     

    DSC_2684

     そしてそれは、一般市民が行うことが推奨されています。どこの市区町村でも無料で講習会が行われています。

    最近、街中でよく見かけるようになった「AED」という機械は「心室細動」がおきている心臓に対して効果を発揮しますが、それ以外は「胸骨圧迫」いわゆる「心臓マッサージ」が何より大切だと言われております。

    DSC_2686

     そしてもうひとつ大切な事が「適切な救急車の利用」です。

    ・倒れている

    ・意識がない

    ・呼吸がない

    ・大出血をしている

    ・痙攣している

    等、明らかに一刻を争う症状のものや、上のリーフレットにあるような「明らかに普段と違うおかしな症状」は救急車の要請をすぐに行わないといけませんが、そうでない場合にも救急要請があり、緊急現場への到着が遅れてしまう事が懸念されています。

     

    確かに病気や怪我は焦ってしまいますが、「#7119」の利用で適切な対処方法や、夜間休日に診療受入をしてもらえる病院の紹介をしてもらえます。DSC_2673

    DSC_2675

     消防局の入り口に飾られていました。

    今は医療も発展し救急体勢もとても整った状態ですが、まずは私たち一人一人が正しい知識を持ち、正しく救急車を使い、私たちが出切る一次救命処置を知り行うことがとても大切だと教わった講習会でした。

    皆さんも機会がありましたら一度講習会に参加されてはいかがでしょうか?

     

  • メディカルフィットネスの強み

    こんにちは。メディカルフィットネス 「ムーヴ・ライク・フローイング」 トレーナーの下元です。

    先日の台風21号の影響により被災された方々、そして北海道での地震で同じく被災された方々にお見舞い申し上げますとともに、

    一日でも早い復興を心より祈念いたします。

     

    大阪府岸和田市でメディカルフィットネスとして創設してから10年以上が経った「ムーヴ・ライク・フローイング」ですが、

    皆様はメディカルフィットネスがどういう施設か知っていますか?

    メディカルフィットネスの定義としては、

    1.狭義では、医療機関が運営するフィットネス。

    2.広義では、医療的要素を取り入れたフィットネス。

     C564E414-96D9-46A1-A74C-5D264A2CA949

    1の医療機関が運営するフィットネスは日本で数少ないですが、

    「ムーヴ・ライク・フローイング」はその数少ない施設の1つになります。

    現在の高齢化に伴って、高血圧、糖尿病、高脂血症、心臓病など、いわゆる生活習慣病はますます増加しつつあり、これらの疾患がその後の「寝たきり」の重大な疾患を増大させることになります。

    このような時代変化により、生活習慣病の治療においては「運動療法」とこれによる「疾患再発予防」が第1選択となってきました。

    では、そういった時に自分が運動を始める中で闇雲に運動を始めても効果としては期待できない、もしくは結果的に膝や腰などを痛めてしまい逆効果になる可能性の方が高いと思います。

    自分の骨粗鬆症や動脈硬化の検査結果、レントゲンでの骨の老化や変形がどのように進行しているのか、あるいはどうすれば予防できるのか、そういったことを全て1人1人の身体に合わせて医者とトレーナーが情報を共有し、

    会員様に対して運動指導できる所が、メディカルフィットネスの強みであり、「ムーヴ・ライク・フローイング」の最大の特徴であります。

    医学的な観点からあなたの身体をサポートし改善していきます。

    B9169197-90D9-45EF-97F0-FCDBE40C8CAB 

     

     

     

  • 東京での雑誌取材

    台風21号に続き、北海道の震災に被災された方々には心からお見舞い申しあげると共に、復興に尽力されている皆様には安全に留意されご活躍されることをお祈りいたします。

     

    9月8日(土)、東京で情報誌の会社の方の取材を受けることになりました。

     

    土曜日、午前診が終わり、大急ぎで新大阪駅から東京の品川へ向かいました。

    品川駅からタクシーでグランドプリンスホテル高輪へ。

    ラウンジにはすでに、家庭画報を出版されている株式会社世界文化社の編集長、副編集長、ライターの方々がラウンジでお集まりでした。

    873574FA-AA65-44DE-A497-AF4575A8908B

    「一生、自分の足で歩く」という私の出版書籍がきっかけで今回の取材のオファーとなったそうです。

     F0E0E106-C2DF-48BF-AA47-D088C08FB4C1

    大学院を卒業後、整形外科医として約10年の臨床医生活を経て、運動療法を治療の一環としてトレーナーたちと疾患の治療と予防を行なっている現在までの経緯をお話させていただきました。

     

    毎日、人工関節、脊椎の手術を行う生活の中で、これらの疾患を予防する方法はないのかという疑問が頭から離れることはありませんでした。

     

    様々な医学論文、バイオメカニクスを基にしたトレーニング理論を読むことに夢中になりました。

    最後に行き着いたのが、毎日の「立ち座り、歩く」時の間違った代償動作や不良姿勢が何百万回も繰り返され、私たちの関節・背骨は変形していくという考えです。

     

    多くの疾患を運動療法で治療、予防することを決意し、2006年5月、岸和田市にフィットネス併設型クリニックを開設しました。

     

    1階は整形外科、内科のクリニック、2階、3階はフィットネススタジオで構成されています。

    疼痛や生活習慣病の治療を開始し、疾患がある程度コントロールできれば、内服薬だけで経過観察するのでなく、トレーナーに紹介し個人指導をしてもらいます。

    代償動作を見抜いてもらうことで集中的な各部位の筋トレを行なってもらうのです。

     

    私自身も、ピラティス、ノルディックウォーキングのトレーニング資格を取得し、靴医学の知識を広めるためにシューフィッターの資格も取りました。

    自分のカラダでトレーニング効果を体感するため週に3回、ヨガ、ピラティス、筋トレなどの個人指導を受け、年に1回フルマラソンを走るなど運動習慣をつけました。

     

    日本人のほとんどが共通した代償動作を何十年と繰り返しています。

     

    それは座位や立位の時の浮きゆびです。

     3470E1EA-C7E2-4859-B1AB-6B0F0D61E418

    足ゆびの全てに荷重が出来ている人は珍しく、中でも小ゆびがしっかり荷重できる人はほとんど見受けられません。

    当然、母趾球、小趾球、かかとで加重は増えます。

    立位でのカラダの重心は後方に移り、後方へ倒れることを防ぐため頭部をやや前方に傾けて立つのです。

      AF2410F7-A42E-4E99-90EC-D3C25DD72BBC 

    腰のソリはなくなり、首はストレートネック、ひどい時は頚椎が後弯している場合も珍しくありません。20歳代、30歳代なら椎間板ヘルニア、年月をかけて進んだ場合は脊柱管狭窄症に向かいます。

     

    後傾した骨盤で大腿骨がはガニ股状態になるのですが、女性の場合つま先だけはまっすぐ進行方向へ向けるため膝のO脚変形が進んでいきます。

    7016C556-4710-4A19-B58F-41CAA768D9FD 

    浮きゆびで体幹に力が入りにくく、ぐらつきやすい上半身を安定させるため足先は回内方向に捻るようになり第1中足骨が内反するため、結果的に外反母趾が完成していきます。

      F8B0527C-E33C-466A-93E4-00130776A613

    大なり小なり、浮きゆびで「立ち座り、歩く」を繰り返すことでその進行具合に個人差はありますが、カラダは老化していくのです。

     

    姿勢の中枢が完成するのは幼児期です。

    幼児期に浮きゆびを矯正することは疾患の予防にかなり効果的ということは想像がつきますよね。

     7B62C71F-9881-43C1-95DC-9A0D530222C6

    しかし、30歳代、40歳代でも遅くはありません。70歳代、80歳代にも運動療法でできることは沢山あります。

    雑誌の取材は2時間以上にわたり、その間取材の皆さまにはホテルのラウンジで足ゆび荷重、恥骨筋から骨盤底筋の締め方までお付き合いしていただき私のミニレクチャーを終えました。

    嶋津様、村田様、宮本様、ありがとうございました。

    ぜひ大阪のスタジオ見学にいらしてください。

    当院の試みに興味のある方は、当院の腹式呼吸指導、運動器リハビリテーション、フットケア、パーソナルトレーニングを体験してください。

     

     人生の最期をどう過ごすか?

    29F261BB-161F-4630-9076-56F620793335

    あなたらしさを保つ自立した生活を送るには「薬と注射」だけでは手に入りません。

    81D6F742-AE83-4238-9FCF-68E25BEA4CE1

    いつからでもできる対策をご用意しています。87C8B994-499C-4B17-905E-CC030B2BDAEA

     診察室でお待ちしています。

    5C1E0058-0023-49DB-9CB1-954CEEED12E6

最新記事
カテゴリー
投稿者
アーカイブ