ブログ

  • 世界レベルの走り

    こんばんは。MLFトレーナーの松井銀河です。最近は気温差が激しい日々が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?

     

    さて、今日は長居ヤンマースタジアムにゴールデングランプリ陸上2018の観戦に行ってきました。スポーツ観戦(プロ野球・陸上競技)は私の趣味の1つです。

     

    DSC_0934 

     

    国内外から世界レベルの選手達が招待されていることもあって、物凄い観客数でした。私自身も中学・高校・大学と約10年陸上競技(短距離)をやっていたので、このような豪華な大会があると現地に観に行きたくなります。現地で世界レベルの走りを見ることが出来てたくさんの感動と希望をもらうことが出来ました。

     

    大会の最後に行われた男子400mリレーでは日本Aチームは一昨年のリオリジャネイロオリンピックで銀メダルを獲得した時のメンバー(山縣亮太・飯塚翔太・桐生祥秀・ケンブリッジ飛鳥)で結成されて、アメリカや中国など強豪チームを圧倒して、レース後は会場内は今大会一番の盛り上がりでした。優勝タイムの37秒85は世界大会でメダルを取れるレベルの記録です。

     

    DSC_0953 

    DSC_0955 

     

    世界レベルの選手達はそこまで上り詰める為に絶え間ない努力を重ね、その中で結果を出すからこそ、多くの人々に感動と希望をもたらすことが出来るのでしょう。私自身もトレーナーとして多くのクライアント様に感動と希望、そして元気を与えられるトレーナーでありたいです。私がこの大会で世界レベルの選手達から感動と希望をもらったように。

     

    最後に、今月のGWに広島帰省した時に会いに行った甥との写真です。今月で1歳になりました。

    1525441741050 

     

    MLFトレーナー 松井銀河

     

     

     

     

     

     

     

     

  • 骨盤底筋ってなに?

    皆さんこんにちは。

    ムーヴライクフローイングのトレーナー、河原広美です。

     

    最近本当に良く耳にしたり、目にしたりするようになった「骨盤底筋」。

    皆さんはどういうもので、どう役に立って、どうトレーニングするかご存じですか?

     

    よく、「骨盤底筋と横隔膜が働かないとコアが安定しない」とか「尿失禁の予防、改善にトレーニングが必要」とか…色々言われていますが、実際何が正しいのか運動指導者である私も情報に惑わされてしまいます(^-^;

     

    ただ、ひとつ言えることは「殆どの人の骨盤底筋は過緊張で機能を失っていてトレーニングをする前に必ず、緩める必要がある!」ということです!

     

    ただ、トレーニングだけをしていても改善や予防にはならないということ!

    これは骨盤底筋だけではなく、すべての筋肉に共通して言えることです(^^)

     

    田舎中 真由美 先生
    ・インターリハ株式会社フィジオセンター
    ・理学療法士
    ・介護予防主任運動指導員
    ・心臓リハビリテーション指導士

    tayanaka

     6月17日に東京で「骨盤底筋の第一人者」と言われる

    田舎中先生のセミナーが有ります。

    もちろん私も受講致します!

     

    今からとても楽しみです(*^^*)

    セミナー当日は私の師匠である安田嵩常先生始め関東のセミナー仲間にも会えるので、色々な情報も交換してきます(^^)

     

    デリケートな事だけに相談しずらかったり、諦めていたり(TT)

    そんな方々に喜んで頂けるようしっかり勉強して参ります!

     

  • さぁ、明日から頑張りましょう❗

    皆さん、こんにちは。

    ムーヴライクフローイングのトレーナー河原広美です。

    ゴールデンウィークは楽しく過ごされましたか?

    今年のゴールデンウィークはあまり暑くなく過ごし易かったように思います(^^)

    ところで私も初めて知ったのですが、5月5日は「こどもの日」ですよね(^^)v

    今は365日、語呂合せ等で「〇〇の日」というのが作られていますが「キズケアの日」でもあるんです!

     

    DSC_2469

     子供は、よく怪我をするや、キッズの語呂合せ等上手く考えていますね。

    私も子供の頃だけではなく、大人になってからもよく「怪我」をしました。

    学生時代は自転車で転び、大人になってからはバイクで転び(TT)

    救急車で運ばれたことも(^-^;

    昔はキズは乾かして治したものでしたが、今は乾かさずに治す方法が形成外科では行われており、傷痕も残りにくく回復も早いようです(^^)

    やけどや、日焼けも同じで自己流で治すより、形成外科で正しく手当してもらうと痕が残りにくいようですよ(^^)v

     

    DSC_2461

     

     最近、私が愛用している「ワセリン」です(^^)

    お体をさわらせて頂く機会の多い仕事ですので、爪は「深爪」とずっと言われてきました(^^;

    最近指先の荒れが気になり、東京のセミナーでアシスタントをされていた先生にお聞きしたら「ワセリン」を使っているとの事(^_^)

    とてもきれいな手をしておられて、「こういった細かい所にまで神経を使われているなんてさすがだなぁ」と思い早速真似をしてみました(((^_^;)

     

    IMG_20180503_211217_916

     

     

    スタジオのお花…かえました!

    「昔とった杵柄」です(^^;

     

    さぁ、明日からまたいつも通りのムーフロの時間が始まります!

    ゴールデンウィークで、充電出来た方も、放電しちゃった方も、また一緒に頑張って行きましょう(^_^)

    色んなお話聞かせて貰えることも楽しみにしています(^^)

     

     

  • 父の誕生日

    先日、父の87回目の誕生日会を自宅近くの中華料理店で行いました。

    私の姉たちと姪や甥たち含めて14人が集まり、父も満面の笑みで楽しんでいました。

    B7C73CEA-66F7-4102-A334-A7817B9F3E46

    男性で87歳まで日常生活が自立できているのは医師から見ても幸運でありますが、糖尿病をはじめ様々な疾患を抱えています。

     

    甥、姪の中で一番年長の甥は今年の4月から岡山県の川崎医科大学医学部附属病院の内科に入局し研修医として糖尿病の勉強をしています。 

     

    今や日本人の4人に1人が糖尿病、もしくは予備群に入ると言われています。

    つまり一家族に1人は糖尿病になってしまう計算です。

     8B8EB0F4-EE3F-4AD6-8789-1CDCC7FB9A47

    日本人の糖尿病の95%は2型糖尿病と呼ばれ、一部遺伝もありますがほとんどの原因は 

    「運動不足、過食」

    です。

     

    20万年前に誕生した人類の闘いの相手は「飢え」でした。

    そのため、私たちのカラダを制御する多くのホルモンは血糖値を上げる作用を有しています。

    253AEC62-E4A5-423B-AF86-4524572B1125

    取り込んだ貴重な糖分を体外に出さず、エネルギーとして使い切るためです。

    正常なヒトの尿には糖分は全く存在しませんよね。

    腎臓が信じられないくらいの精度で糖をカラダに取り込んでいるからです。

     

    しかし、この70年くらいの間に私たちの食生活は大きく変化してしまいました。

     

    200,000年の間の糖質不足のあと

    直近70年、糖質に溢れた毎日。

     

    この短期間の「食生活の激変」に健康が損なわれないわけがないですよね。

     4ACF35F2-AD2F-4DB1-AD5D-5C66937A456F

    遺伝的素因が日本人と変わらないはずの日系2世アメリカ人で、アメリカの白人と比べると数倍以上の差で糖尿病が多いという事実から、 日本人は糖尿病になりやすいことがわかります。

      F8CD60D3-0776-4303-ABA8-EE96691C5D58

    私たちの祖父母が食していたものとは比べものにならない果物の甘さ。

    かつてはビタミン摂取のため健康に不可欠な果物が今では過剰な摂取で糖尿病の原因となる。

    こんな糖質過剰時代に突入しても、悲しいことに私たちのカラダは糖質を蓄えようと働きます。

     8AC57CA0-3B7D-47C0-AA42-A9B4CDB53A82

    これから育つ若い糖尿病専門医たちの仕事は、ますます多忙になっていくでしょう。

    私の甥への送る言葉は、

    「くれぐれも過労死しないように」

    でした。

     

    どんなに薬が進化しても

    食事、運動療法

    による治療は医療からなくなることはありません。

     81A4F795-459C-44A0-90BE-80B7561BA0B2

    糖質は適度な制限を。

    米で表すと朝、昼はお茶碗半膳の米を摂取すること。夜はおかず中心に。

    腎機能が正常な人は、おなかが空いたら、ゆで卵、ナッツ類など糖質の少ないものをとりましょう。

     

    これに有酸素運動を加えれば、将来の糖尿病を予防し、すでに糖尿病の方はどんどんお薬を減らすことができるでしょう。

     E7184C45-95F5-4870-A316-EA51D379D0C1

    孫たちの成長を心から喜ぶ両親をみていると

    「いきいきとした生活がいつまでも続いて欲しい」と願ってしまいます。

  • 名選手活躍の裏に名治療家あり!

    皆様、おはようございます。
    ムーヴライクフローイングのトレーナー、河原広美です。

    ゴールデンウィーク、いかがお過ごしでしょうか?

    昨日、松坂大輔投手が、日本球界復帰後初めての勝利をおさめました!

     

    DSC_2462DSC_2463

     

     ご本人の努力、コーチやトレーナーたちの努力ももちろんですが、その裏には名治療家がいます!

    林典雄先生です!

     

    理学療法界、治療界では、知らない人はいない、現在活躍されている治療家を育てた先生のお一人です。

     

     DSC_2361DSC_2353

     

    林典雄先生のセミナーは一年先まで予約がとれない「プレミアセミナー」として、理学療法士や治療家、セラピストの間ではお宝チケットです!

     

    私はありがたいことに、私の師匠である安田嵩常先生のお陰で、林典雄先生ともご縁を頂き、勉強させていただいております(^^)

     

    松坂投手も何度も岐阜にある林先生の所に訪れ治療を受けたそうです。

    林先生の研究所には松坂投手のサイン入りユニフォームが飾られております(^^)

    林先生は試合のたびに一緒に緊張したり、喜んだり悔しがったりしていたとうかがいました‼

     

    決して表舞台に出てこない林先生の様な治療家がいるから、名選手の活躍がある!

    林先生の研究所には数えきれないほどの有名選手のサインやボール、ユニフォームが飾られています(*^^*)

     

    普段はとってもお茶目で、優しい先生です!

     

    DSC_2466

     

     一般の方向けに雑誌にも惜しみ無くセルフで出きる改善法等も書いておられて、私にとっては神さまの様な存在です(^^)v

    ちょっと大袈裟かも知れませんが(^-^;

     

    私も皆さま方の裏方となり、動かしやすい体、痛みのない体作りに貢献出きるよう勉強して参ります‼

    これからもよろしくお願い致します(^^)

     

最新記事
カテゴリー
投稿者
アーカイブ