ブログ

  • 私の健康法。

    よく寝ているはずなのに疲れが取れない
    お肌の調子が良くない
    など、不定愁訴を感じることって日常生活の中で往々にしてありますよね。

    ヨガの指導者資格を取得して11年の私が、そんな時に身体の声をキャッチしてすることはズバリ「掃除」なんです。
    「え?疲れているのに敢えて掃除?」と驚く方もいらっしゃると思いますが、そうなんです、掃除断捨離
    知らず知らずの間に溜め込んでしまっていた不必要なものを思い切って捨てることをします。
    ヨガを深く知りヨガをお伝えする中で、身体の仕組みと心の繋がりがわかるようになりました。
    身体の中に溜まっている老廃物を流せない(血の巡りが悪い・浮腫むという症状が私には出ます)
    そんな時は、おしっこの色や回数・量を観察するようにしています。

    さて、なぜ「おしっこ」なのか。
    そう、腎臓の働きを観察しているのです。

    腎臓は背中側に2つあって長さが11㎝で幅が5㎝、重さにすると130g〜140gです。

    yjimage-2

    こんな小さな場所に流れてくる血液総量は1000ℓ〜1600ℓ。
    更には腎臓の中にある「腎小体」というろ過装置にも1日160ℓ〜170ℓの血液が流入するのですから、本当に働き者の臓器。
    だって2ℓのペットポトルが80本以上という計算になるのですからね。
    ですが、1日に160ℓをフィルタリング(ろ過)するからといって、それが尿としてでるわけではありません。
    尿として膀胱に送られる量は1〜1.5ℓ。ということは殆どが血液として再利用されるということになります。
    160ℓ(2ℓペットポトル×20本以上)のうちの1ℓ。
    すなわち99%は血液として再利用、1%だけが尿として排泄されるわけなのです。

    こんな少量でも、身体には不必要なものですから出してあげなくてはなりません。
    腎臓が不必要だとモニタリングして尿を外に出そうとしているのに、それを体内に止めておくと、そりゃ血液はドロドロになるし身体は重くなるし浮腫むし肌もくすみます。

    だから私は「おしっこ観察」なのです。
    色や量、そして回数。摂取している水分量と排泄量が合っているか?など、簡単にメモるような習慣がつきました。
    ヨガを始めたばかりの頃は「疲れやすい→掃除」だったのですが、身体のメカニズム知識が増えた最近では、きちんとメモを取るように!我ながら成長を感じています(笑)
    「あ、ちょっとおかしい」と感じたら水分を摂取すること・良質の睡眠を取ることを心がけます。

    そして「掃除断捨離

    yjimage-3
    身の回りを見渡して不必要なものがあれば捨てます。
    家の中をきれいに掃除します。

    お墓まいりに行きます。

    retina_pixta_16176897_S

    敢えて身体を動かすことが私には必要な行動みたい。
    そうすることで「あ〜すっきりした」って、尿を大量に出した時のようなスッキリ感も得られるわけなの。
    単純な健康法ですが、なかなか効果ありますよ。
    皆さま、一度お試しあれ

  • パーソナルトレーナーとしてのスタート

    皆様、こんにちは。

    ムーヴライクフローイングのトレーナー河原広美です。

    私は3年前に右股関節前置換術を受けました!
    そんな私が今なおパーソナルトレーナーとして働いているスタートラインの話です(^^)

    115E6479-F166-4744-BB29-406114C03990

    私は41才の時にフィットネスクラブにパートタイマーとして雇われました(^-^)v
    その時に雇ったトップの方からは「いちかばちか雇った!」と今でも言われます(^-^;笑

    なんの募集もしていないフィットネスクラブに41才のおばさんが「雇ってもらえませんか!」と現れたのですから(((^_^;)笑

    当時はエアロビクスが大好きで、エアロのインストラクターになりたいという安易な気持ちでした。

    でも、働き出したら会員様から色々と運動の事、体の痛みの事、栄養の事、筋肉の事等色々聞かれて、全くわからず、そんな自分がイヤでした(TT)

    そんなときに、たまたま見つけた講習会が「NPO法人日本ホリスティックコンディショニング協会」の「フィジカルコンディショナー」と言うパーソナルトレーナーの育成の講習会でした。

    これもまた、安易な気持ちで申し込みました(^^;

    45E36EB4-314B-4392-8AE7-147185EF4EBB

    講習会初日、もちろん私が一番年上で、後は若いスポーツ万能そうな人たちが7人。自己紹介ですでにパーソナルトレーナーとして仕事をしている人もいて少し焦りを感じました(^^;

    そして講習会が始まって、目の前が真っ暗になりました(´д`|||)

    知らないことばり!!!!!
    出来ないことばかり!!!!!

    でも、他の受講生はふつーにやっているのです(^^)
    自分の考えの甘さに情けなくなりながらその日はどうやって過ごしていたのかも覚えていないほど(TT)

    そんな私を見捨てる事なく約一年間ご指導くださいました。そしてどうにか「フィジカルコンディショナー」の試験に合格\(^o^)/
    パーソナルトレーナーとしての最初の第一歩を踏み出す事が出来ました(^-^)

    それから約12年!
    私は今、「いちかばちか」雇ってもらったフィットネスクラブとムーフロで、パーソナルトレーナーとして仕事をしています(*^^*)

    5年ほど前から学び始めた徒手医学は、私のパーソナルトレーナーとしての幅をぐんと広げてくれました(^^)

    EF91016D-4C1C-4C20-B4CE-F3D9A51B0B24

    可動域、痛み、姿勢、歩行、ADLの改善など今や年齢に関わらず便利になりすぎた代償で体が使えなくなっている方が沢山いらっしゃいます(TT)

    そんな方々の体の改善をお手伝いすべく日々勉強しています(^_^)
    学生時代は勉強なんて大嫌いだったのに(^^;笑

    今では、これが天職だと自分で思っています(^-^)v

    まさか「パーソナルトレーナー」と言う仕事をするなんて自分が一番ビックリしていますが!

    E823F44E-EA85-46E1-8893-39223FD98626
    ムーフロで働きはじめてもうすぐ半年になります(^^)
    こんな私に会ってみたいという方は是非一度体験を受けに来てくださいね(*^^*)

    まだまだ寒い日が続きますので、皆様ご自愛くださいね(^^)

     

  • 泉大津市のこども園で「足ゆびプロジェクト」がスタート

    整形外科の仕事の一つは骨、関節、筋肉、神経の痛みで困っている患者さんの症状を改善させることです。
    しかし、毎日患者さんを診ていて思うのは

    この痛みのそもそもの原因は何なのか?

    長年、考え続け到達したのは

    「立ち座り歩く」の時の悪いクセ(筋肉の代償動作)です。

    私たちのカラダは正しい筋肉で「立ち座り歩く」ができるようになると背骨、関節の変形が予防できるのです。

    私たちの「立ち座り歩く」はいつ習慣化されるのでしょうか?

    それは幼児期です。

    BF278E24-152F-493B-8D3E-D9829CE271A3

    小学校に上がる頃には運動中枢に刻まれて姿勢の矯正は徐々に困難となっていきます。
    成人してから姿勢を変えるには「意識と筋トレ」が必要です。
    正しい姿勢で動くことをトレーニングし意識するとできますが、考えごとをしたり疲れたりするとすぐ幼児期に記憶された姿勢にもどってしまいます。

    私たちはメディカルフィットネスに入会した会員様に、クセになった動作を正しい筋肉で動けるよう筋力トレーニングで指導をしています。そうすることで背骨や関節の痛みが改善し、変形の進行が予防できるからです.

    しかし、もっともっと若い時代に正しい筋肉を使った「立ち座り歩く」が習慣化されていたら一生整形外科知らずのカラダが手に入るかも知れません。
    そこで私たちは幼児にカラダの動かし方を指導することに至りました。

    私たちの取り組みは
    「足ゆびが健康寿命を延ばすカギになる」
    に注目していた泉大津市の南出市長の眼に止まりました。
    足ゆびを使った正しい「立ち座り歩く」を幼児に指導しこの時期に 運動中枢に記憶させる。

    84C9C9B4-202C-45CC-97F5-000438E2803C

    < 泉大津市の保育士さんたちにこのプロジェクトの主旨を説明する南出市長 >

    今回、泉大津市のこども園での「足ゆびプロジェクト」が日本人の健康寿命の延長に関わっていくのかも知れないと思うと楽しみです。

    プロジェクトの進行はこのブログを通じてみなさんにお届けます。

    250B46C8-8C4B-4EBD-BDDF-CD3B4D324FAB

  • 節分♪今年もよろしくお願いします♪

    皆様、こんにちは^ ^
    MLFトレーナー遠藤です。

    寒い日が続きますが体調はいかがでしょうか??

    一月は忙しくしており気がつけばもう2月3日に。

    今日は『節分』ですね。

    今朝の朝食は、雑穀米で太巻きを作っていただきました。

    IMG_6617

    この寒い時期は、身体に邪気が入りやすく体調を崩される方が多くみられます。

    春に向けて体調を整え、英気を養っていきましょう。

    温かく過ごしやすい日が早く来て欲しいですね♪

     

    さて、

    今回のブログは皆様に私事のご報告をさせてください。

    昨年の12月末に入籍しお嫁さんになりました。(照)

    ここに至ることができましたのも温かく接してくださる皆様のおかげと深く感謝いたします。

    まだまだ未熟者ですが、いつもニコニコと笑っていられるような元気な奥さん目指して努力していきたいと思います。今後もより一層仕事に力を入れて頑張っていきます。

     

    今年の私のテーマ(毎年、私なりに目標を作っています笑)

    IMG_5839

    「学」&「磨」です。
    学び多く自分磨きの年にしたいです。

    そして、今までの経験や学んできたことにより磨きをかけて、いろんな方に伝えていける自分になりたいと思います。

    2018年の初日は、、夫婦でランニングから始まり気持ちよくスタートしました。でも、3キロ位でヘトヘト‥(^^;;まだまだあかんたれです(^^;;

    IMG_5997

    3月4日(日)に開催される『淀川寛平マラソン』に夫婦で走る予定なので、2月は早朝ランニング頑張ります!

    皆様の目標も是非教えてくださいね♪

    メディカルフィットネスムーヴライクフローイングは、昨年から今年にかけて新しくトレーナーが加わり仲間が増えました。

    良いスタッフの方々と学びの多い環境の中で一緒に仕事が出来る事を嬉しくおもいます。

    本年も皆様の健康のお役に立てるよう頑張っていきますのでよろしくお願いいたします。

     

    遠藤 ^ ^

  • あなたの骨は人生の最後まで元気ですか?

    最新の骨粗鬆症治療薬の効果の分析結果を東京のホテルニューオータニで拝聴してきました。

     IMG_3480

    人生が60年という時代には骨粗鬆症の薬物治療なんて必要なかったはずです。

    それは骨密度が50歳から減少し65歳ごろに発症するからです。

    寿命の延長で脳梗塞が私たち日本人の寝たきりの最大の原因とされてきた時代は徐々に変化しています。

    骨粗鬆症が私たちの健康寿命を短くさせる時代になったのです。

     無題

    今や日本人の人生は90歳と言われています。

    65歳で発症した骨粗鬆症は毎年私たちの骨の硬さを3%ずつ減少させ、70歳を過ぎると成人の骨の硬さの半分となり、ほんの少しのケガで骨折を繰り返します。

     骨折

    注意すべきことは骨粗鬆症の原因です。

    整形外科の診察をしていると、カルシウムをきちんと摂取している人も骨粗鬆症になっていることに気づきます。

    50歳を超えて閉経した女性は摂取したカルシウムが腸から吸収されず便に排出されるのです。

    さらに追い討ちをかけて、骨に貯蔵されてるカルシウムは毎日尿に排出されます。

     

    世界中の研究者が食事、運動療法では骨粗鬆症は予防できないことを発表しています。

    ただし、そこに薬物治療を加えると多くの人の骨粗鬆症の進行は止まり、一部の人は回復します。

     daitaikotsu_ganma

    統計では、日本で尻もちで太ももの骨折を起こす人は1日に500人。

     

    その500人ほぼ全員が金属で骨折部をつなぎとめる手術を受けています。

    私もかつて毎日毎日その手術に明け暮れていました。

    しかし、その骨折が原因で3人に1人は寝たきりに。

     

    12年前、私は患者さんの健康寿命を伸ばしたい』、その願いでフィットネス併設型のクリニックを開業しました。

     老化

    クリニックでは骨の老化を放置することの怖さを患者さんに説明し治療を行い、2階、3階のフィットネススタジオで筋力を強化する。

     

    人生の最後10年の間に骨折の手術を何度も繰り返す。これが世界トップレベルの寿命を保つ今の日本の現実です。

     

    一度の人生、憂い悲しむのではなく真っ向から私たちの取り組みに参加してみませんか?

     Screen shot 2011-03-14 at 4.54.58 PM

    人生の最後まで自分の足で歩き続ける。

     

    これにはバイオメカニクスを駆使したコツと一歩を踏みだす情熱が必要です。

1 / 6612345...102030...最後 »
最新記事
カテゴリー
投稿者
アーカイブ