ブログ

肩、肩甲骨、呼吸機能を改善する

皆さん、こんにちは。

ムーヴライクフローイングのトレーナー、河原広美です。

12月2日、年内最後の東京での講習会に参加して参りました。本日は私の学びのベースとなっている日本ホリステックコンディショニング協会の安田セミナーです。

肩関節はとても複雑です。

自由に動くかわりにとても不安定な関節です。

そして自由に動くからこそ「痛み」が出たり、「動く範囲」が狭くなったりするととても不便です。

四十肩、五十肩はよく耳にしますよね。皆さんの中にもご経験のあるかたもいらっしゃるのでは無いでしょうか?

DSC_0035

DSC_0037

 

10時開始のセミナーは自宅からだと当日の朝出発では間に合わないため毎回前泊をしています。

今日は港区でハーフマラソンが行われていました。協会の最寄り駅、田町駅です。港区芝にあります。

そして今日気づいたのですが、東京タワーにハートが!またまた写真を撮ってしまいました。

DSC_0041

皆さん、わかりました?

写真を大きくして見てくださいね。

肩関節は360度すべての筋肉が同じ硬さになる位置があり、その位置で関節の動きのテストをすると、どの部分が硬くなっているのかがよくわかります。

そして硬くなっている筋肉を緩めることで肩関節の動きがよくなったり、痛みが改善したりすることも多く、猫背になっていたり、肩こりや緊張で肩が常にあがってしまっていると呼吸機能にも影響がでてしまいます。

肩甲骨や肋骨の動きが悪くなるとバランスや体幹の保持にも影響を及ぼします。

 

DSC_0045

そういう私も今、新幹線で窓にもたれるように座っています。いけませんね!

普段の姿勢がいかに大切かがよくわかります。

DSC_0005

ムーフロ3階スタジオのお花もクリスマスモードに。

今年も残すところあと1か月を切りました。

皆さんはクリスマス、年末年始はどの様に過ごされるのでしょうか?

私は、23、24日は京都で「骨盤底筋」の勉強会です。群馬の友達も来てくれるのでとても楽しみです。

朝、夜は冷え込んで来ています。皆さん体調に気をつけてお過ごし下さいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事の著者:kawahara

河原

最新記事
カテゴリー
投稿者
アーカイブ