新着記事

ピラティスワークショップ in 東京

皆さん、こんにちは。MLFトレーナーの松井銀河です。

 

11月11日(日)は東京でピラティスワークショップが開催されたので、参加してきました。自分が保持しているネバダ州立大学公認ピラティスの創始者であるドリー・ケラペス先生が来日し、年に一度直接指導を受けられる機会です。なんと、誠先生もドリー・ケラペス先生から直接ピラティスを学ばれたそうです。

DSC_0108 

DSC_0106 

 

ドリー先生は本当に気さくで受講生全員を本当に大切にされていて、たくさんの教え子がいる中で自分のことも覚えていてもらえていることは本当に光栄なことです。

 

ワークショップはエクササイズが中心で約3時間ほとんど動きっぱなしでしたが、注意すべき点や意識するべき点を何度も伝えてくれて、肩を下げること、骨盤底筋を締めること、骨盤の動き方など意識しながら行うことでターゲットにしている筋肉にしっかり効いていることを自分自身の身体で体感出来ました。ワークショップで学んだことを臨床やトレーニング指導の中で1人1人の身体に合わせて応用することで腰痛やその他関節痛や肩凝り改善のみならず、姿勢や歩行を改善するアプローチとして活用出来ます。

FB_IMG_1542020173812 

FB_IMG_1542020167201 

FB_IMG_1542020160457 

 

中には後半にはバレエピラティスのエクササイズも一部体験出来て、内容は難しかったけど全体を通して自分自身が年々レベルアップしていることを実感出来ました。ワークショップ後には心身共に気分爽快で、とても晴れやかな気持ちでした。

 

FB_IMG_1542020102106 

FB_IMG_1542020153716 

DSC_0111

自分が姿勢改善アプローチを学ばせていただいたネバダ州立大学公認ピラティスの日本代表マスターの花岡正敬先生ともお会い出来ました。

 

今回は日本のマスタートレーナーの先生も多数参加されていたので、質問・相談させていただいたことで多くの繋がりが出来てこれからが更に楽しみになりました。

 

トレーニングやエクササイズを行う上でもどこに効かせたいのか、なぜそのプログラムを行うのかを明確にしなければ、ただの体操になるだけで効果は得られません。自分はピラティスとエボリューションウォーキングを指導の柱にしており、今回のワークショップで学んだことを活かして1人1人の身体の状態に合わせて、かつ1つ1つのエクササイズの意味を説明して、ニーズに合った効果のあるトレーニングを指導していきます。

 

いつまでも自分の脚で歩きたい方、肩凝りや腰痛を予防・改善したい方、姿勢や歩行を改善したい方、一緒に理想の身体を作り上げていきましょう。ぜひお声かけくださいね。

 

松井銀河

最新記事
アーカイブ