ブログ

腹式呼吸の重要性

こんにちは。メディカルフィットネス MLFトレーナーの下元です。

健康の始まりは呼吸から。

最近、ヨガなどの流行により腹式呼吸の重要性が高まっていますが、皆さんは腹式呼吸の重要性を知っていますか?

腹式呼吸とは、横隔膜という筋肉を上下に収縮させることで肺の容積を拡大させて呼吸をする方法です。

 4601A5FF-2629-41E6-ADDF-D7AA4983D919

横隔膜を上下に動かすことによって内臓全体が動き、その結果血流が促進され体調が良くなります。また自律神経のバランスを整える効果があるので、更に呼吸が深くなれば脳からセロトニンという物質を分泌させることができるのです。このセロトニンは大脳皮質に痛みを伝達する痛覚伝導路を抑制する働きがあるので、脳内でセロトニンが分泌されている間は痛みが緩和されます。更に脳内のセロトニン神経が活性化して、セロトニンの分泌が増えると、大脳辺縁系の活動が安定して、適度にリラックスした平常な状態になります。

 これだけ聞くと身体に良いのはお分かりいただけると思いますが、実は腹式呼吸ってやってみると意外と難しいんです。自分の感覚では出来ていると思っていても間違った仕方でしていた為、効果が実感できなかった。そんな事がよくあります。

ムーヴ・ライク・フローイングでは、そんな方に対し姿勢の改善はもちろんのこと、呼吸の改善という視点からもアプローチできるトレーナーが多く在籍しております。

さらに橋間診療所リハビリ室でも、毎週「腹式呼吸教室」を開いており、多くの患者様が熱心に取り組んでおります。

皆さんもカラダを変える第1歩として腹式呼吸いかがでしょうか?

 26B16A07-F588-4802-B717-858D844468DA

この記事の著者:shimomoto

下元

最新記事
カテゴリー
投稿者
アーカイブ