ブログ

世界初!エビデンスで明らかになった「筋トレと睡眠の質」の関係。

こんにちは、メディカルフィットネスMLFトレーナーの南方和美です。

ヒトは筋肉を使うことで睡眠を誘発する仕組みを、狩猟採取時代から進化する過程で獲得してきました。
命がけで狩りをし筋肉をしっかり使う、身体を回復するために夜間の睡眠が何よりも必要だったのです。

2017年7月にシステマティック・レビューが、世界で初めて「レジスタンストレーニング(筋トレ)と睡眠について」を雑誌に掲載しました。
(*システマティック・レビューとは、質の高い研究データを集め分析した、もっともエビデンスレベルの高い報告として世界的に有名)


著者であるマックマスター大学のKovacevicらはこのように結論づけています
「レジスタンストレーニングは睡眠の質を大きく改善させる」

筋トレと睡眠について考察していくと、その結果はとてもシンプルなものでした。

20171014124144
*レジスタンストレーニングを行うことによって睡眠中の体温が上昇することがわかっています。この体温の上昇が深いノンレム睡眠(徐波睡眠)を誘発させると推察されています。
*トレーニングによる心拍数の増加が迷走神経を活性化させ、睡眠時の心拍数が低下し睡眠の質が改善されると推察。
*レジスタンストレーニングは不安を解消させることもわかっています。(神経栄養因子の増加によるもの)
その他にもトレーニングによるグルコース代謝は睡眠の質を改善させる大きな要因になっています。

e7ce1452edd0cb58f7eb2db4ca314fb7f0cc452e

今までは運動が睡眠によい影響を与える多くは「有酸素運動」に限られていましたが、習慣的にレジスタンストレーニングを行っている場合、睡眠時間は増えないが「ノンレム睡眠(浅い睡眠)」を減少させ、深いノンレム睡眠を増加させることが研究の結果わかってきたのです。

20171014123749

よい睡眠とは時間ではなく質ということはLet alone言わずもがな。
昨今では子供でも知っています。
ヒトが進化していく過程で獲得した「筋肉を使うことで睡眠を誘発する仕組み」は、時を経た今になってようやく重要視されている、そう思えてなりません。

49430_original

この記事の著者:南方 和美

南方

最新記事
カテゴリー
投稿者
アーカイブ