ブログ

運動とアドレナリンと成長ホルモン

drop-1102572_960_720

アドレナリンとは、神経伝達物質の一つで副腎髄質(ふくじんずいしつ)から分泌される心拍数や血圧上昇作用のあるホルモンです。
別名で「エピネフリン」と言われたりもしています。

運動とアドレナリンと成長ホルモン

有酸素運動をすることでアドレナリンが分泌され、そのアドレナリンの作用により脂肪の燃焼を促すリパーゼ(脂肪燃焼リパーゼ)が沢山作られ血液中に放出されます。
運動とはカロリーを消費するためだけに必要なのではなく、脂肪燃焼しやすい体質になるために必要なのです 。
しかしアドレナリンの作用よりも強い作用(脂肪燃焼)を持ったホルモンが存在するのです。
答えは「成長ホルモン」
その成長ホルモンの分泌を促すのが無酸素運動なのです。
30秒から1分程度の無酸素運動を行うことで筋肉の繊維が傷つき、それを修復するために成長ホルモンが分泌されます。
(無酸素運動とは:腹筋・スクワット・ダンベル運動・フリーウエイトなどのレジスタンストレーニング)
その結果アミノ酸が集合し筋繊維が太く丈夫に育っていくのです。
筋繊維が太く大きくなると、より多くの遊離脂肪酸を取り込むことができエネルギーとして使えます。

shutterstock_298755041-689x460
あら、いつの間にか成長ホルモンの話になってしまいました(汗)

「アドレナリン」の話に戻ります。
分泌が始まると肝臓や筋肉に蓄えられたグリコーゲンの分泌が促され、肝臓では新糖生が起こります。
グリコーゲンが血中に放出されると血糖値が上昇し脳が目覚めます。
集中力や判断力を高める効果を生みだし、筋肉の活動エネルギーとなるグリコーゲンの供給によって筋肉が継続して活動できる状態になるのです。

yjimage-1

アドレナリンを出して脳を覚醒し筋肉を効率よく動かしましょう。
軽い負荷からで十分なので、関節を大きく動かすレジスタンストレーニングを組み込んで成長ホルモンを放出し筋肉を育てましょう。

メディカルフィットネス「ムーヴ・ライク・フローイング」では医師とトレーナーがオンラインでつながり、患者様(クライアント様)の情報をリアルタイムで確認することができます。

お身体に不安を抱えている方も、安心してトレーニングを楽しんでいただけたらと思います( ^ω^ )

この記事の著者:南方 和美

南方

最新記事
カテゴリー
投稿者
アーカイブ