ブログ

父が遺してくれた宝物。

10年前に急死した父が私に遺してくれた何よりの宝は「健康な身体」
26歳で第一子を出産するまで熱を出した記憶がありません。
28歳で第二子を出産して育児に追われていた頃は無理がたたってたびたび発熱しましたが、それも数える程度。
思い返すと娘と息子も小児科知らずの子ども達でした。
水疱瘡や風疹で小児科を受診した以外は病院に連れて行ったことがありません。
眼科や整形外科は連れて行きましたが、熱を出さない子供達で助かっていました。遺伝ですか、ね(^ ^)

その父が出張先のエジプトで母に買ってきたネックレスがあります。

mm
「とてもいい18Kだから大切に使って」と母から譲り受けたのが9年前。
普段はアクセサリーを身につける習慣がない私でしたが、とりわけネックレスは好きでピアスと共に身につけるようになりました。
「あら、ネフェルタリですね」と私の首元に気づいてくれたクライアント様が何名かいます。

ネフェルタリ https://ja.wikipedia.org/wiki/ネフェルタリ

ネフェルタリはラムセスとの地上を越えた愛と、その伝説的な美しさで有名であった。
彼女の時代より1世紀前の異端のファラオ・アクエンアテンの正妃ネフェルティティの美しさは20世紀になって発見された胸像によって広く知られたが、ネフェルタリは古代エジプトの歴史において今も昔も「愛と美」を具現した王妃である。

800px-Maler_der_Grabkammer_der_Nefertari_004

夫に一生涯愛され続けた美しい女性。

クレオパトラ
楊貴妃
トロイのヘレネ

歴史上の三大美女に勝るとも劣らない美しさで有名なネフィルタリのネックレス。
健康な身体の次に大切なもの、父が遺してくれたかけがいのない宝物です。
「どうしてこのネックレスを選んだの?」って父の想いを聞きたいけど今は術がありませんね。

いつか天国で再会した時に聞くとしましょう。
寡黙で照れ屋だった父ですから、きっとこう答えるはずです、「忘れた」って(笑)

この記事の著者:南方 和美

南方

最新記事
カテゴリー
投稿者
アーカイブ