コラム

クライアント様の声

スタッフコラム

パーソナルトレーニング歴
【2016年1月ご入会 1年】

パーソナルトレーニングを始めるきっかけ。
【右膝の痛みで橋間診療所を来院→フィットネスに入会】

column5_4

こちらで診察を受ける前に色々な病院をまわってリハビリを受けてみたのですが改善しませんでした。

橋間先生から運動療法を勧められたのですが今まで改善しなかった経緯もあり「とりあえず体験だけでも受けてみよう」と、そんな気持ちで二階のフィットネスに上がりました。

30分の体験で痛くて曲げれなかった膝が曲がった、しかも痛みはさほど感じずに。驚いたのですが、やはり冷静な気持ちで「橋間先生もトレーナーの先生も先ずは三ヶ月やってみようと言っているし、それで治らなかったらやめよう」正直そんな風に思ってトレーニングを始めました。

心と身体の変化。

column10_2

職場の階段を降りることも辛く、自分のデスクからトイレまでの短い距離すら遠く感じていましたが、トレーニングを初めて2ヶ月経った頃から苦痛を感じなくなった自分を発見。

同時に毎週のトレーニングでどんどん変わっていく自分が楽しくて「金曜日の朝が楽しみ」と心まで明るい変化が出てきました。

ノルディックウォーキングを勧めてもらい、今では毎朝歩かないと気持ちが悪いと思えるほど習慣になっています。

他院で定期的に血液検査を受けているのですがトレーニングを始めてから「驚くほど数値がよくなってきたね」と主治医から驚かれるほど身体が健康になってきました。

パーソナルトレーニングから得た大切なこと。

column10_2膝を痛めた当初は「もう二度と走ることできない」と落ち込んでいましたが、今は孫と走ったり空手をしています。

トレーナーの先生を信じてトレーニングをしてきた結果「年だからと諦めない」という大切さを得ることができました。




パーソナルトレーニングに興味はあるが悩んでいる患者様に一言。

いつまでも元気でいるためにトレーニングは必要です。

いつまでも自分の足で歩き続けるために、是非トレーニングをしてもらいたいと思います。

大仲様の描く未来の夢。

家族で旅行にいくこと。

近所の子供達を集めて草野球チームを作ること。

『担当トレーナーの感想』

column5_4

右膝の痛みで体験トレーニングからスタートされた大仲さん。

膝関節に関しては様々なアプローチ法があるのですが、大仲さんの場合はとても痛みが強かったので先ずは膝関節の可動域を出すリハビリから始めました。

屈伸動作がスムーズになってきた時点で続けて膝関節周囲の筋力強化、体幹トレーニング、骨盤帯強化トレーニング、そして有酸素運動とつなげ、今では全く痛みを感じない膝関節で健康維持のためのトレーニングを続けられています。

大仲さんは「先生との出会いがあったから今の自分が存在する」と言ってくださいますが、トレーナーの私としては大仲さんの努力の賜物だと思っています。

パーソナルトレーニングは、トレーナーとクライアント様が二人三脚で呼吸や歩幅を合わせて進まなければゴールは見えてこない。

「元気になって頂きたい」という私の想いと「痛みなく元気で歩きたい」と願う大仲さんの努力があっての今。

これからも大仲さんの夢や目標に寄り添って一緒に前進したいと思っています。

トレーナー 南方和美

最新記事
カテゴリー
アーカイブ