新着記事

メディカルフィットネスとは?

初めまして、Move Like Flowing トレーナーの平松 勇輝(ひらまつ ゆうき)と申します。

私はMLFにてトレーナーをしながら、専門学校の非常勤講師、高校・大学サッカー部のアスレティックトレーナーをしております。

ブログでは、仕事の中での出来事やケガ・痛みに関する情報を発信していきます。

今回は、整形外科併設の当フィットネス・Move Like Flowing(MLF)についてです。

 

MLFは、1Fが橋間診療所、2・3Fがメディカルフィットネスになっております。

 

1Fにて医師による整形外科的・内科的な身体のチェックを受けて、薬の処方を受けるのと同じようにMLFではトレーニングをする事が出来ます。

この痛みを改善するには、こんな運動していてね〜という様に。

医師からの運動の指示が出てからは、私たちトレーナーの役割である、トレーニングの指導です。

痛みを何とかしてほしい!という場合には、ストレッチや施術をして痛みの改善を行います。

痛みが出てからの事を書いていますが、私たちの本当の使命は予防である、と心得ています。

どんな姿勢であるか、関節を構成する骨と骨の位置関係をを示す、アライメント(骨格)を評価する事で、トレーニングプログラムを作成し、進めていく事が可能なのです。

もちろん改善が見られない場合には、改善の筋道を探していきます。

 

 

medical

 

 

私たちは小学生からプロスポーツ選手まで、幅広い世代においてサポートしてきました。運動指導においては、それぞれの年齢や性差によって、成長要素や体力レベル、骨格が異なるので気をつけるべき事が沢山あります。

 

アメリカのトレーナーは、こんな言葉を口にしました。

『病院で診察せずに薬をもらう人はいないのに、身体・動きの適切な評価なしにトレーニングを始める人が多い』

これは、医師が処方する薬が治療に適してなければ改善しない事と同じように、トレーニングも正しいものでなければ改善は見込めない、という事を意味します。

 

トレーニングは十人十色、百人いたら百通りの指導方法があります。

私たちは、正しい運動を、正しいタイミングで皆様に提供し、生活が豊かになるように貢献していきたいと考えています。

 

 Move Like Flowing(ムーヴライクフローイング)

tel:0724-43-1133
住所:大阪府岸和田市荒木町1-12-1

最新記事
アーカイブ