ブログ

子供の運動②

こんにちは。
メディカルフィットネスMLFトレーナーの平松です。

今日、服を買いにお店に行くと、
店内で楽しそうに走り回る子供の姿がありました。
『おお〜元気やな〜』と様子を見ていたら、
お母さんと思われる方が、『コラー!!!』と。

ゲンコツが放たれていました。
久しぶりに目にした気がします、ゲンコツ。
言うまでもなく子供はギャン泣きでした(^^;)

子供からしたら、広い店内は走り回れるし、
服が沢山あるし、大人の冬物は大きいから、
隠れんぼ には絶好な場所やろうし(笑)

彼らからしたら、遊ばずにはいられない!!のかも知れません。
もちろん、叱った親御さんがダメだとか、
遊び回る子供を肯定する訳では有りません。

ダメな事はダメだと伝える事も大事です。
会員様のお子さんを叱った事も有ります(苦笑)

科学的な根拠が有る訳ではないですが、
子供には(もちろん大人にも)、身体を動かすと楽しい、
という脳の回路が出生時から備わっているのではないか?
と推測しています。
基本的にはどんな子供であろうと。

子供の体育も、運動すると楽しい、という気持ちを
くすぐる事が出来たらな〜と考えます。

運動しているうちに、運動能力が育っていく感じ。

日本の運動・体育は歴史的背景も関与しているので、
どうしても強制的になりがち。

外国の体育は play(遊ぶ)という考え方なのです。
またそれは別の機会に書き起こします。

雷
地震、雷、火事、オ○ジ
最近は耳にしませんね。

僕は、しっかり叱ってもらって育ちました。
末っ子なので、親にも兄や姉にも。

一番怖かったのは、誰でしょうね(苦笑)


平松勇輝
日本体育協会公認アスレティックトレーナー
鍼灸師

この記事の著者:平松 勇輝

平松

最新記事
カテゴリー
投稿者
アーカイブ