ブログ

心の三原色=三大神経。大切なセロトニンの話!

〜心の三原色〜
人間の心は三つの神経によって形成されています。

三大神経=心の三原色
ドーパミン
ノルアドレナリン
セロトニン

ドーパミンとは?
『快』を演出する神経で、何か「気持ちいい」と感じる時にこの神経が大きな働きをしています。

ノルアドレナリンとは?
『不快』を演出する神経でストレスの刺激によって活動を始めます。大脳を目覚めさせ《怒り・悲しみ》を感じさせます。

どちらも生きていく上では欠かせない神経なのですが、それが度を過ぎると色々な問題が生じてしまいます。
ドーパミンは意欲を生み出してくれるけど過剰になると薬物依存など社会問題になる可能性が。
ノルアドレナリンは危機を察してそれに備えるという働きには必要だけど、過剰になると不安神経症やパニック障害のもとになります。
ドーパミンとノルアドレナリンの両者を抑制する働きをするのがセロトニン。

セロトニンとは?
脳のもっとも奥にあり、進化上でもっとも原始的な脳とされる「脳幹」の中心に存在します。
人の「心」の状態に大きな関わりをもち「平常心」「平穏」を作り出す神経。

セロトニンを活性化させるために何よりも有効的なのが腹式呼吸。
意識的に腹筋を使った呼吸がもっとも適しています。

ムーヴ・ライク・フローイングでは呼吸法を指導するトレーナーが在籍しています。
もちろん私も呼吸法のスペシャリストです。
1階の橋間診療所では腹式呼吸教室が定期的に開催されて、多くの患者さまの健康に貢献しています。
心の三原色、三大神経の中で大切なセロトニンを育てましょう。
ご自身の呼吸ひとつで活性化できるのですよ♡

yjimage

この記事の著者:南方 和美

南方

最新記事
カテゴリー
投稿者
アーカイブ