ブログ

ウォームアップコンディションの大切さ

こんにちは、メディカルフィットネスMLFトレーナーの南方和美です。

私が大切に考えているパーソナルトレーニング(セッション)の流れがあります。

①ヒヤリング(痛みなどの主訴確認)
②ウォームアップ
③メイントレーニング
④クールダウン&フィードバック

このような分割でパートプログラムを存在させています。
状況によっては臨機応変に対応しますし、年齢層によってはクールダウンをしない方がいい場合もあるので省く時もありますが、一人ひとりの基礎体力や精神的状態をよく見つめながら流れるようにセッションしています。

このパートの中でも最も大切に考えているのが②のウォームアップコンディション
このウォームアップでメイントレーニングの効果が決まるといっても過言ではないと思っています。
体軸作りと筋弱化の修正のためにとても重要。
働きの悪い筋肉を正常に動かさなければなりません。
特に体幹(コア)の働きを高め体温上昇(血流促進)を図りながら、ベストな状態でメイントレーニングまで導くことで運動の効果が的確に身体に届くのです。
ウォームアップの時に筋弱化の拘縮状態(縮んで硬くなっていること)を改善することが必要なので、腹式呼吸もしっかりしていただきます。
O2(酸素)の量をあげないと拘縮筋は改善しないからです。

このようにウォームアップを正しく行うことで筋反応はコア部分(体幹)から始まり、身体の中心から身体の隅々までエネルギーをつなげる!!すなわちメインのトレーニング効果を発揮することができるのです。

担当させていただいているクライアント様は、私の「ドS」ウォームアップコンディションについてきてくれます。
「きつい〜」と言われても、できるまで頑張ってもらいます( T_T)\(^-^ )
だってね、運動しに来ているのにココで頑張れなきゃどこで頑張るの?
そう伝えると納得して動いてくださる、そんなクライアント様に刺激を受けて「頑張らなきゃ」ってパワーをもらえる私は幸せですね

yjimage

この記事の著者:南方 和美

南方

最新記事
カテゴリー
投稿者
アーカイブ