ブログ

メディカルフィットネス文庫@杉江 #5

こんにちは。メディカルフィットネスMLFトレーナーの杉江です。
『より良い充実した日常生活を!』を合言葉に一冊紹介します。

 

書籍名: フランクリン・メソッド 骨盤力

著者名: エリック・フランクリン著/ディスマー・ゆかり訳 

出版社: スキージャーナル株式会社

値段: ¥1,900(税抜き)

【紹介の理由】
 
場所が場所だけに、見たり触ったりすることが難しい筋群です。が、本書では、骨盤底筋群をいとも簡単に『意識』させています。『イメージ』というものを巧みに利用してトレーニングするというのが、このフランクリン・メソッドの特徴です。運動経験のない方々にも、わかりやすい内容になっています。 

内容】
はじめに 骨盤底の謎を解く
イントロダクション 骨盤底ができること
1章 効果的な骨盤底のトレーニングとは
2章 骨盤底の骨
3章 骨盤の関節
4章 骨盤底の筋肉
5章 腹部と呼吸に関連する筋肉
6章 からだにある多くの階
7章 内臓、骨盤底と気の流れ
8章 骨盤底を支える靭帯と結合組織
9章 骨盤底の日常 ~座って立って座ること~

【感想】
『犬のしっぽをイメージして、尾骨を動かしてみましょう』というようなことが、書かれていたりします。最初、『? 何? 尾骨を動かすって?』と思うのですが、実際トレーニングすると動くようになります。正直、驚きと感動がありました。『俺って、出来るやん!』と思いました(^_^;)骨盤底をコントロールすれば、自身の身体をコントロールできる!
本書からの抜粋です。『とくに失禁に働きかけようと思うなら、第一肋骨との関係を理解する必要があります。肋骨の一番高い部分の位置が下がるということは、骨盤底に圧力がかかるということです。』

 キャプチャ

この記事の著者:杉江 勉

杉江

最新記事
カテゴリー
投稿者
アーカイブ