ブログ

メディカルダイエットコースの安全性と効果について。

こんにちは、メディカルフィットネス MLFトレーナーの南方和美です。

当フィットネスで人気のメディカルダイエットコースを、診療所とフィットネススタッフの計3名が挑戦しました。

unnamed-7

unnamed-4

unnamed-5 unnamed-1

unnamed-8unnamed-14
いかがでしょうか?
絞られたボディと明るくなった表情、女子力があがって素敵なレディに変身したと思いませんか?

当メディカルフィットネスの糖質摂取は1日60g(2ヶ月限定)
糖質を気にしていない通常の人は1日におよそ180g〜200g摂取していると統計が出ています。
ちなみに茶碗1杯の糖質は55g、あの有名なライザップの糖質制限は1日20gです。
そう考えると我々の口から毎日どれだけの糖質が入っているか安易に想像できますよね?

三大栄養素のたんぱく質と脂質、糖質。生命を維持するために最も大切な栄養素です。
大切なのですが、この中で一つだけ仲間はずれがいます。
なんだと思いますか?そう、糖質なのです。
たんぱく質も脂質も身体を作りやがて外に出ます。

「たんぱく質」筋肉や皮膚・内臓・歯・髪の毛・爪を作る材料。

「脂質」糖質の2倍以上のエネルギーを生み出すので緊急事態に必要。また、いい便を出すための材料(脂肪を摂って脂肪を出す)

「糖質」疲れた時のパワーの源で、特に脳みそのご飯になる。

糖質だけは身体に溜まる一方なのです、外に出ることなく過剰摂取した糖質は体内で皮下脂肪に変わるのです。

ストレス社会を生きる我々は心身ともに疲れています。だから身体は糖質が欲しくて仕方ありません「甘いもの食べて疲れをとりたい」と誰しもが思うのは自然なことだと理解できます。
ですが、私たちの身体の中で糖質を下げるホルモンはインスリンのみ。他の数種類のホルモンは血糖値をあげる作用なので、欲望のままに食べていたらどんなことになるか?考えると怖ろしいです。
もちろん、たんぱく質も摂取しすぎると腎臓を悪くする可能性があるし、脂質は中性脂肪やコレステロールをあげる原因になるので 全てはバランスが必要になってくるのですが…..

MLFのメディカルダイエットコースは安全性をモットーにしていますが、私はメンタルストレスと内分泌ホルモンの関係性をしっかり考えながら安全で尚且つ楽しんでいただけるようプログラミングしています。
糖質を制限すると必ず生じるストレスに対して、日中リズムのご提案や自律神経の働きを利用するといったケアも行いながら、運動とセットで理想のボディを手に入れていただきたいと考えています!

身体が軽くなると心が軽くなります。自信が生まれて姿勢も良くなります。スタッフ三名のように。
メディカルダイエットコースに挑戦しませんか?

unnamed

この記事の著者:南方 和美

南方

最新記事
カテゴリー
投稿者
アーカイブ