ブログ

溶け込んでいく様子

こんにちは。
メディカルフィットネスMLFトレーナーの平松です。

先日、とあるトレーナーの方々と話しをしていて、『この仕事の醍醐味の1つは、クライアントの生活の中にトレーニングが溶け込んでいく様子を見ていけるところ』という声を聞きました。思わず大きく頷きました。

パーソナルトレーニングを始めて最初の頃は、痛みがあって出来なかった動作が次第に出来るようになる。これはトレーニングによって身体が強くなったということもありますが、トレーニングによって動作が上手くなった。ということも考えられます。

例えば、写真左のように落ちているものを拾う動作。これは腰を曲げて拾う事が多いですが、これは腰痛を簡単に引き起こしてしまう動作です。モノを拾うとき正しくは、写真右のように腰を反らせて拾うか、片膝を地面に着いて拾います。
 rounded_spine_pickupneutral_spine_pickup

そして、正しい動きとトレーニングのフォームが結びついている事に気づいたクライアントさんは、目を輝かせながら『これって、このトレーニングの動きですよね!!』と話してくれます。

我々トレーナーは、この瞬間に『あ、もうこの人は大丈夫だ。痛くなる事は無いだろう(^^)』と非常に嬉しい気持ちになります。

これからも『溶け込んでいく様子』に出会えるように続けていいきます(^^)

この記事の著者:平松 勇輝

平松

最新記事
カテゴリー
投稿者
アーカイブ