ブログ

スクワット

キングオブエクササイズといわれるスクワット

a207250

私たちが何気なく動いている日常の動作の中にもスクワットはふんだんにあり、代表的なのは椅子の立ち座り動作やトイレ動作でしょう。
考えてみれば一日の中に何度もトレーニングのチャンスがあるのに、それに気づいていないのは日々の忙しさや習慣といったところでしょうか。

和式から洋式便座に変わって日本人の筋弱化が進んだという説があります。
確かにそうかもしれません。

和式で座る動作はフルスクワットの姿勢です。

914396
あの姿勢で地球上の重力に反発しながら立ち上がる、排泄のたびにトレーニングしていたわけです。
それが今ではどうでしょうか?

洋式便座から立ち上がるのはスクワットでいえばノーマル(パラレル)かハーフ。

yjimage
重力は変わらないのに負荷は減る。
排泄の回数だってさほど変わらないのですから、生活の中で自然に行われていたトレーニングが甘くなり筋肉が落ちるのは当然なのです。

スクワットは体幹を安定させながら股関節・臀筋・大腿四頭筋・ハムストリングス・内転筋といった骨盤を挟み込む筋肉を全て使うトレーニングです。
トレーナーとして運動メニューには必ずいれたい種目。
ただ腰痛や膝痛など身体に故障がある方は、仰臥位の状態で機能改善ストレッチや体幹トレーニングを入れて運動連鎖を出しやすい状態にし、立位ポジションでは膝の角度や股関節の向きをトレーナーが最大限に注意して行う必要がああります。

メディカルフィットネスMLFでは、運動効果をよりよく感じていただくために医師の所見と運動メニューをトレーナーがしっかり考えながら「一人ひとりに合ったスクワット」をご提案しています。

eye04-300x185

この記事の著者:南方 和美

南方

最新記事
カテゴリー
投稿者
アーカイブ